都こんぶ。 New!

2022 / 10 / 5(水)

先日の事、何だか突然、無性に「都こんぶ」が食べたくなりまして…

今の時代、どこに売ってんのかな……って事で、回った数軒のコンビニ。

 

そんなもの、今日日、どのコンビニにもあらしまへんわ。

某コンビニブランドの似て非なる「もどき」はありましたが、完全に別物でして(センス劣悪の嫁は、こっちの方が美味しいなどと平然とぬかしやがりまして、「み・み・都こんぶ様に謝れ!!」と軽くシメときましたけどね…えぇ…まぁ、ヤツぁ聞いちゃいませんでしたけど…)。

 

諦めきれない私は、ダメ元で某イオンにて探し回り、やっぱりネット購入しかないかぁ…と思った矢先、つ・つ・ついに見つけました!!

駄菓子コーナーにあったワケですが、今時の子って、こんなもの喜んで食べるんやろか? ってね…思いましたけれども…

意気揚々と家に帰り、一気にコーヒーと一緒に「あぁ、これこれ、これだよ」って食した至福のひとときでございました。

 

 

この機会に、都こんぶの事調べてみました。

製造販売してるのは「中野物産」さんていう会社で、100年以上も前の大正元年に発売されたんですね。

で、「おやつ」の位置付けで販売したんだとか。

 

何か凄い発想だなって思って。

「おかず」ではなく「おやつ」。

まさにポジショニングの勝利。

思い付いて実際に形にして売り込んで………見習わなきゃなぁって思った次第であります。

皆さま、興味がありましたら、こちらをぜひどうぞ。

『都こんぶ』の中野物産株式会社

 

そんなこんなで、よっしゃ!! 今日は某イオンで「都こんぶ」まとめ買いじゃ~!! …と意気込む私にございます。

でもレジ行くの恥ずかしいよなぁ…5箱くらいなら…いやでも10箱は欲しいかな…いっその事箱買い…う~む…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(こうして残ってくモノって凄いですよね…パッケージも変わってないような気がするし…恐るべし「都こんぶ」…)。

何かが変わってしまった古い知り合い

2022 / 9 / 28(水)

皆さんは、古い知り合いと話して、何か言いようのない違和感を感じた事ってありますか?

私はつい先日、そういう事象に遭遇しまして…

 

何だか話しててイラッとするんですよね。

何だろう…コイツ、こんなつまんないヤツだったっけ? って。

何か話してても、延々と自慢話を聞かされてるような気がするって申しますか…

 

そりゃ人って変わってくものだし、当人が幸せで他人様に迷惑かけなきゃ何の問題もないワケで、当人が今上向きの機運にあるならその何がいけないの? なんですけどね、何だろう…何だかイラッとして、応援する気にもならなくてですね…「お前バカじゃねぇの?」って腹抱えて笑いあったお前はどこ行ったの? って。

 

自分もそんな風に変わってくのはヤだなってね、思ってね。

仮に…仮にですよ…何かで成功したとしても「お前変わんないね」って言われる自分でいたいな…ってね思うんですよ。

すいません、何だかよく分からない話になってますが、そんな事を思う出来事でした。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(う~む…そんな事より、何だかゲーム開発が停滞気味…ちょっと気持ち切り換えんとな…そんな今日この頃…)。

ゲーム開発という名の呪縛

2022 / 9 / 21(水)

先週末は、久々に教え子のノム君との新作オンラインミーティング。

「元気か?」と聞くと「ボチボチですね」って学生だった頃とは全く違う返答に、すっかり社会人だなぁと思わず笑みがこぼれる私。

そして、ひとしきり打ち合わせが終わった後に続く、いつもの私の独演会。

 

「ゲームって何でこんなに作んの大変なんかな……よく思うんだよ、何でこんな大変な事やってんだ俺は? って。

 そもそもこのゲームが完成しなくたって困る人なんてどこにもいないんだよ。

 困るのは俺とノム君だけなワケで。

 でもなぁ、やめられないんだよ、ゲーム開発。

 一度でもゲームに魅入られた者は、一生逃れられないんだこの地獄から。

 もう、呪いか何かなのかもって思う事もあってな。

 ノム君もきっとそうだよ…だからな…」

 

とか、分かったような分からない話を延々と続ける私。

でもこんな話ね、黙って嫌な顔一つせず聞いてくれるのはノム君だけの事で。

そもそもこんな話ね、無限の未来が広がるこれからの若者にする話なんですかね。

何かね、もっと年配者らしく意味のある事言わないとなぁ…

 

私は彼の未来に何をしてやれるんだろう…

彼が私の歳になった頃、私の事どう思うのかな…

そもそも憶えているんだろうか…

そんな事より何より、いつもそんな事を思いながらいつもいつも同じ事を繰り返してるよなぁ…

そんなとりとめのない諦めの61歳、秋浅き宵のひとコマの事。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(まだまだ先は長い新作ゲーム開発…でも、こうして開発してられる事は幸せな事だよなぁ…つくづく思う)。

ドライブ・マイ・カー

2022 / 9 / 14(水)

唐突ですが(しかも完全に旬は過ぎてる)、某TSUTAYAレンタルにて観ました「ドライブ・マイ・カー」。

名作と言われる映画によくある、独特のリズムで淡々と物語が進んで行くようでいて、油断してると「え?!」って展開もあって、俳優さんの、もはや演じているのか普通にしゃべってるだけなのか全く分からない静かな口調の長ゼリフの、妙に心に染み渡るような言葉に共感し、それでいて観終わったら、映画と言うよりも何か文学作品を読んだような…ちょっと不思議な感覚。

 

でも、アカデミー賞ノミネート&受賞も納得ではあるんですが、こういう映画が好きな人にしか薦められない映画かなって。

他のノミネート作品から人に勧めるとしたら、私は間違いなく「Dune デューン 砂の惑星」ですね。

基本、SF が好きなのもあるんですが、映画を他の人に薦めるなら、見た事もない映像のものを薦めたいなと。

ノーランさんの「TENET テネット」なんて、会う人会う人に勧めてましたもの。

 

実はこの「ドライブ・マイ・カー」、村上春樹さんの原作を読んでから鑑賞と、私としては準備万端で臨んだんですが、原作ってこうだっけ?(既に記憶が曖昧)、あの原作にこだわる必要ってあったの? とか思って。

いや、すいません、私、村上春樹さんの小説って散々気を持たせて「え? ここで終わるの?」って消化不良な終わり方が苦手で(とか言って、すいません、これ以外は「1Q84」しか読んでないです)、映画の方がスリリングで終わりもちゃんとあって面白いのにって。

 

そんなこんなの私の「ドライブ・マイ・カー」でした。

ってね、実は、私の中の「ドライブ・マイ・カー」ってビートルズの「Drive My Car」なんですよ。

あの「ラバーソウル」の冒頭1曲目を飾る、何かね、うまみ成分しかない極上スープのようなあの楽曲。

1~2章節ほどのやる気あんのかないのか分かんない不思議なイントロの時点で、全身に暴力的な快楽物質が駆け巡るんですよね。

皆さん、興味がありましたらどうぞ(でも村上春樹さんの小説って、ビートルズの曲名多いですよね「ノルウェイの森」とか…)。

♪The Beatles "Drive My Car"

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(でも、こんな繊細で巧妙な映画を撮った濱口さんて天才ですよね…今度はSF映画撮って欲しいな…)。

哀しき温度差

2022 / 9 / 7(水)

遂に9月入り。

めっきり涼しくもまだまだ熱いわとも思う気紛れな日々が続いてますが、皆さんは人と話してて温度差を感じた事ってありませんか?

いや、最近、そんな事を感じる事が多くて。

 

それは、私が高かったり、低かったりもするんですが、やっぱり同じ温度で話せるのが良いですよね。

相手が高ければ何だか落ち着かないし、私が高ければ何だか虚しいし。

世の中、そんなものと言えばそうなんですけどね…

 

って、すいません、何だかよく分からない話で。

いずれにしても、それはそれで退屈しない日々ですね…間違いなく。

 

ノム君、どうしてるかなぁ。

諸々落ち着いたら、色々話したいよなぁ…

そんな事を思う、秋まだ浅き宵の事。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(最近は刺激的な日々だなぁってね…うまく行ったりうまく行かなかったりだけど…だから人生は楽しいのかも)。

これはある意味心配する才能なのかも

2022 / 8 / 31(水)

8月も最終日。

最近はすっかり涼しくなって、この惑星の気紛れさに呆れかえる日々。

すっかり過ごしやすくなったものの、突然の豪雨とか台風とかね、いつになったら平穏な日々が戻るんでしょうか…

 

さて、最近は俄かに諸案件で忙しくなって来た事に加え、新しい出会い、極め付けは、何と教え子の某ゲーム会社内定取得!!

しかも、私と同じプランナー職種ってアナタ…

私の教え子としては、2人目なんですけどね、今回は格別なものがあって。

 

いや、それこそ手塩にかけて育てた秘蔵っ子なんですよ。

ただね、こうなって来ると心配ばかりしてる自分がいて。

間違いなく才能があって、吸収力も抜群何ですけどね、どうも早い内に自分の限界を決めちゃう癖があって。

あのなぁ、俺の歳になって限界を知るのは良いけど、20才やそこらで自分の限界を決めるな、ふざけんなって。

 

大丈夫かなぁ…

ゲーム会社なんて相当に厳しいし、作ってるものは夢に溢れてるけど、作ってる側はそれこそ死に物狂いだから。

お笑い芸人さんとかね、舞台裏でどれだけシノギを削ってんのかって事なんだよ。

大丈夫かなぁ…頼むからポッキリ行かないでくれよ…才能あるのは間違いないんだから…あとはどこまで踏ん張れるかだけなんだよ…

 

当人ともLineでやり取りしてるんですけどね、気付いたら「現実は厳しいぞ、浮かれんな」ってね、それ、今言う事じゃなくね? って事ばかり言ってて、何で俺はこう一言余計なんだ? ってね反省もしたりもして…

でも…あぁ…心配…心配…心配…心配……

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(最近は多忙につきゲーム開発はしばし中断…どうしよ…中断すると再始動が難しくなる…頑張らんと…)。

心配するは親ばかリなり

2022 / 8 / 24(水)

先日、金沢市某所にて打ち合わせがありまして…

折角だし、ノム君と食事でも…って昼休みに待ち合わせた某ファミレス。

いや、彼とはオンラインで新作のミーティングで頻繁に話してましたが、実世界で会うのは久しぶりで。

 

そして、やって来たYシャツ姿の彼を見て、軽い衝撃。

いや、彼、某校の教え子なんですけど、色々あって、今はその某校で働いてて、優秀だった彼は授業も担当してて。

私は今、色々あって某校に教えに行ってはいないので、そういう職場での彼の姿を見るのは初めての事だったワケで。

 

え?! そんな恰好なん?

学校から、学生っぽい恰好は禁止されてて…

そっか~…俺は非常勤だったけど、君は正規の常勤だものな………で、授業の方はどう? 学生はちゃんと勉強してる?

そうですね…頑張る子は頑張るし、そうでない子は何にもやらないし…そういうのは昔っから全然変わらないですね…

 

いや、もう、言ってる内容がいっぱしの講師たるそれですよ。

いや、もう、無邪気な学生っぽさみたいなものは全くなくて。

いや、子供はね、親の知らない所でちゃんと立派に成長してますよ、お父さん。

ってね、人様の息子を見ながら、いつか観た味わい深い映画の1シーンを思い出すように、ジーンとして。

 

関西勤務のウチの息子も、こうやってちゃんと成長してちゃんとやってるんやろか?

心配するは親ばかりか………いや、アイツだけは違う、いつまで経っても心配しかない!!…あぁ…心配…心配…心配…心配…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(何だか急遽の諸案件で謀殺されそうな予感…彼の頑張ってる姿を見るとね…弱音吐いてる場合じゃないなと…)。

至福の新作ミーティング

2022 / 8 / 17(水)

今日は早朝から新作オンラインミーティング。

何度も書いてますが、相手はかつての教え子のノム君。

モニター越しの彼がね、何かね、どんどん頼もしくて爽やかな好青年になってくなぁ…ってね、思って。

 

彼女でもできたか?

そんな話、全くないですよ。

苦笑いで答える彼。

これは、講師と学生の関係だった頃は決して聞けなかった事(だってこれ、セクハラになるんですよね)。

 

主要な打ち合わせは順調に進み、終わった後はいつもの世間話。

気付けば、3時間が経過。

ひたすら幸せなひととき。

 

改めて思うんですよね、今の私とノム君の関係って何なんだろうって。

数年前に講師と学生という立場で出会って、最初の課題の提出物からズバ抜けて光ってて。

ゲームについて語り合うと、彼には彼の意見があって、その意見の相違すら楽しくて。

 

何故か、いつの日か彼に子供が出来て、そのお祝い袋に「親の気持ちがわかったか! 親孝行を忘れるな!」って、自分が大して出来てもいない事を偉そうに小さく書き入れてる自分を想像して、悦に入る私…

歳行くとさ、息子にやって欲しい事を、若者たちに偉そうに説教してる自分に気付く事、多くないですか? 私だけ?

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(まだまだ険しい開発の道程…完成した時どんな事思うんだろ?…必ず訪れる、その日を夢見て踏ん張り所の時期)。

初めて知った大雨の恐怖

2022 / 8 / 10(水)

先週の大雨。

さすがに物凄い轟音で激しく降っていたので、自宅にこもって作業してたワケですが、嫁はパートで家におらず(それもどうかな…ですけど)、雨が弱まった今の内に食料買出しや、って、近くの大手ショッピングモールに向かった時の事。

 

見慣れた道が、若干冠水していて、何となく嫌な予感がしたものの、まさかね…って思いながら近道の裏通り、車を走らせると、完全に冠水してるエリアに差し掛かって…

前の車が普通に通り抜けて行ったのを見て、後を付いて行ったのですが、車、途中で止まるんじゃなかろうかと怖くて怖くて。

雪道の理論で「止まったら終わり」だと思って、若干アクセルふかし気味に何とか通り抜けに成功してホッとしたのも束の間、待ち受ける次の冠水地帯。

 

パトカーも出動してて、物々しい状態。

通行止めになってないから大丈夫なんだろうなと思いながらも、無事通り抜けて目的地に到着したものの、あんなの、初めて見ました。

雨ってこんなに怖いんだって。

 

土地柄、雪の恐怖は身に染みてますが、こんな恐怖は本当に初めての事。

驚いたのは、雪と違って、雨が弱まってくると、見る見る水が引いてった事。

幸い、私の住んでる所はそんなに被害は無かったんですが、市内でも床上浸水に至った所もあったらしく、ゾッとしますよ。

 

ちなみに、嫁は、夕方(大分雨は弱まってた)普通に帰って来まして、エラい目に遭った話をすると「そんな土地の低いとこ通るからやろ」ってイラつく反応。

そういうとこが腹立つとこやねん、もっと気の利いた事言えんのかお前は、いっつもいっつもそうやねん、お前の事だってこれでも大分心配したんやからな、こんな腹立つ嫁でもおらんようになったら…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(雨が終息したと思ったら、熱波…この星は一体どうなってしまったのか…いつ安心できるんや…ですよ)。

今年はきっと「しゃがむ」年

2022 / 8 / 3(水)

う~む…書く事、無くなって来た…

いや、色々と、日々新しい事は起きてるんですが、それが何か実を結ぶのはまだまだ先の事であって…

でも、今起きてる事は、去年の今頃、想像だにしなかったような驚く事でもあるワケで…

 

だからきっと今年は「しゃがむ」年。

来年、大きく跳躍するための。

大きく跳躍するためには深く深く深く深くしゃがまなければ…

 

よっしゃ~! 今年はしゃがんでしゃがんでしゃがみ倒すぞ~~!!!

と、夏真っ盛り、早くも来年への熱い思いを胸に意気込む、意味不明の私でありました。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(新作は只今、修正仕様書作成真っ只中…胸躍るも、完成までの遥かなる道のりに気が遠くも…そんな今日この頃)。

暑くて熱い今年の夏

2022 / 7 / 27(水)

最近、色んな事が起こっていて、何だか不思議な夏で…

あまり書けないのですが、一番は、某校の教え子が、某ゲーム会社のプランナー採用が決まるかもって話。

そりゃ、嬉しいですよ。

私の指導方法は間違ってなかったって事でもあるし、何より私と同じ道を歩み出すかもしれないって思うとね、言いようのない温かいゾル状の何かが体中にジワッと溢れだす感覚と申しますか…

 

それに、新作も順調に動いてるし、よっしゃ~~~!!! 今年の夏は熱く燃え尽きるぜよ~~~~~!!!!!

…な今日この頃です。

…とかってね、全く金になる話じゃないのがイタいのだけれど(それは言わない約束(笑))…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(実は、ここに書けない事も色々とあって…何だかね…ホントに不思議な夏ですよ、今年は)。

新作開発、第2幕の始まり

2022 / 7 / 20(水)

はてさて新作。

ある程度ゲーム部分が形になってきたので、諸々の演出部分を見直して具体的に詰めてるんですが、これがまた楽しくて楽しくて、どんどんアイデアが浮かんで来てですね、気付いたら当初とは大きく変わって来てまして…

そんなワケで、先週末は、プログラマーのノム君とオンラインミーティング。

 

これがこうでこんな風にしたいんやけど…

そうですね…どうやって作って行きますかね…

とりあえず、私の方で仕様書にまとめるので、それを元にノム君の方で一度揉んでもらって…

そうですね…大分仕様が変わってるので、まずそれを理解してからですかね…

 

とかって、最優先事項は、私とノム君との作り方の構築であって。

それが軌道に乗って来れば、完成は目前。

いわゆる新作開発、第2幕の始まりなワケで。

 

あぁ~…もう、ホント楽しいわ。

楽しくて楽しくて堪らない…そんな毎日です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(何だろう…最近、何か新しい時代を生きてる感じがする…色々とちょっとした新しい事が続いたからかな…)。

つながらないUnity

2022 / 7 / 13(水)

最近、某校話が多いのですが、今日もそのお話。

実は今、Unityでチームゲーム制作させてるワケですが、どうにもそのUnityのチーム接続がうまく行かなくて(涙)。

そんなもの、すぐにオノさんに相談なワケですけど、どうにも原因が特定できない状態。

 

何だかね、嫌な予感はあったんですよ。

こういう接続って、我々は一度やったら後はやらないワケで、これプログラムでも何でもなくて単なる手続きの話でもあって、そういう手続きってコロコロ変わったりするワケで…

 

いや、立場上、学生達に申し訳なくて申し訳なくてですね…

いや、彼らは特に私を責めたりはしないんですけどね。

先週なんて、帰り際、学生から「お疲れさまでした」って、逆に労をねぎらわれたりもして(涙)…

 

もうじき2ヵ月の夏季休暇に入るワケで、その前に解決しようと思ったら来週がそのタイムリミット。

一応、ダメ元でこうしてみようって希望的観測的手段はあるにはあるのですが、どうなる事やら…

はぁ~………な、今日この頃です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(新作はガリガリ進行中…でもさずがに集中しすぎて、最近ちょっと疲れが…ちょっと休んだ方が良いかも…)。

ゲームを教えるというミッション

2022 / 7 / 6(水)

はてさて、某校の1年生の専門過程も始まり、今日はその初日。

今年はどんな学生が集まったんだろ…そんな期待と不安が渦巻く中始まった授業。

今年はまたマニアックなヤツ集まったなぁと。

ゲームを勉強しようと集まったメンバーなので当然と言えば当然ではあるのだけれど、何だか妙にゲームに詳しくて。

 

そんな彼らと過ごす2年間はどんなものになるんだろ。

皆、ポッキリ行かずにちゃんとゲームに取り組むんだろうか…

そして、私はそんな彼らをどう導くべきなんだろ…

 

様々に思い巡らせながらも、新作に取り組む授業後の定例業務。

つくづく思う、この世の何物も取って変わる事の出来ないゲーム開発の楽しさ。

この高密度に圧縮された至福の連続事象の存在を彼らにどう伝えたものか…

そんな事をぼんやり考える、とりとめもない暑き午後の事でした。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(ニュースではコロナ激増報道…もうコロナはいいよ、もういい加減に消え去ってくれ…それが偽らざるホンネ)。

新作、制作快調です

2022 / 6 / 29(水)

はてさて新作、ガリガリ制作快調です。

そろそろ、ゲーム全体の輪郭を固めようとUI類を中心にあれやこれや思案中ですが、これが何だか楽しくってですね。

前作「ペイントアウト!」の流れを汲むシンプルなモノトーンフラットデザインなんですが、ちょっと良い感じになりそうな予感。

 

これを実際に画像に起こして、実装するにはまだまだ時間がかかるワケですが、我ながら完成が楽しみで。

ゲーム開発って、こういう、いわゆるゾーンに入ったが如く「創造的爆裂期」って訪れるワケですが、そんなもの水物なワケで、いつまた冷え込んだ「絶望的露頭迷い期」に陥るか分からないワケで、ノッてる時にガンガンやらないと…なんですよ。

だから今は、全てを差し置いても脇目も振らず限界まで駆け抜けなきゃ…な灼熱の如き今日この頃です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(しっかし最近、暑いですね…コロナは最近増加傾向らしいですが…マスク常用もそろそろ限界が…)。

ゲームというもの

2022 / 6 / 22(水)

唐突ですが、最近ね、やたらとゲーム開発が楽しくて楽しくて仕方ないんですよ。

空いた時間はほぼ新作に割いてるワケですが、今更ながらゲームって何なんだろうなってね、思うワケなんですよ。

 

実は、某校でも学生にゲーム制作させてるワケなんですけど、デザイン校でもあって、当初は微妙な反応でして…

そりゃ作れるものなら作りたいけど、作るのは難しいし作れる気がしない…と言うのがその最たる理由の一つ。

でもね、ゲームってね、作ってこそ華なんですよ。

 

どうしてもどうしてもどうしても学生にゲーム制作させたくてさせたくてさせたくて、色々と綿密に準備し、もうダメ元で敢行。

もちろん、熟考に熟考を重ね、用意周到に準備もし、これなら勝率5割はあるかなって所に至って実行したワケなんですが、そんな事より何より、単にゲーム制作の楽しさを若者たちに伝えたい…という極めて個人的な思いに駆られて…ってのが正直な所で。

 

開始当初は後悔もしましたよ…想定以上に学生がノッて来なくて(涙)。

でも、ここまで準備して学生が楽しんでゲーム制作しないのなら、もうこの学校でゲーム制作を教えるのは無意味とまで思ってもいて。

でも最近ね、潮目が変わって来たような感がありまして…

 

毎週、各チームリーダーと面談してるワケなんですけど「最近、楽しくなって来ました」って学生もいて「当たり前や、これが楽しく無かったら君はゲームに向かないという事や」と心の中で思いながらもホッとするやら嬉しいやら。

 

とは言え、まだまだ道半ば。

どうなるか分からないワケですが、最悪の事態だけは避けられそうな予感。

このゲーム業界にこれだけお世話になっておいて、学生に「ゲーム制作=負」の印象なんて持たせた日にゃ、私、大重罪人ですから…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(新作ゲームの○○画像、早く作らなきゃ…何だかんだ言って、まだまだ先は長い新作ゲーム開発…)。

新作ゲームの現在地

2022 / 6 / 15(水)

さて、新作ゲーム。

ようやくステージマップ制作も終わりが見えて来て、いよいよゲームの形に再構成し始めました。

当初は、え?! 大丈夫なん? みたいなテイストでしたけど、色々とやって行く内に少しずつ形になって来まして…

コレはコレかも(意味不明)って。

 

こうして現実的な形になって来ると「お、イケるやんこのゲーム」ってのと「くぅ~…こりゃダメだ」が交互に入り乱れるのが定例事項で。

実の所、曖昧な部分が現実になって途方に暮れる瞬間も訪れたりするワケなんですけど、色々試行錯誤してる内に「コレはコレじゃないの」って、何て言うんでしょう…自己肯定感に溢れた光が差して来る…みたいな。

 

新作は「ペイントアウト」のようなミニマルでシンプルなパズルゲームですけど、皆さん気に入ってくれたら良いな…

楽しんでプレイいただいてるユーザーの皆さんの姿を思い浮かべながら…

思う浮かべるユーザーさんは、何故か、30~40代のOLさんの姿で…

私自身の女性ウケはも一つパッとしないものの(笑)、何故か制作物は女性にウケる傾向がありまして…

とか何とか、色んな事を思いながら今日もゲーム制作にいそしむ今日この頃の私にございます。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(最近、気のせいか空回り感の強い日々が続いてるような…少し肩の力抜いた方が良いのかな…とか思ってみる)。

うまく行く事も行かない事もあるから私たちは頑張れる

2022 / 6 / 9(木)

すっかり更新忘れておりました(汗)。

某案件に対する要望がうまく通らずに、どうしたものか…

加えて、新作ゲーム制作にもちょっとした問題が発生しまして、アレやコレやの手を尽くしてまして…

そんな昨晩の私でありました。

 

新作ゲームの方はあるこだわりを捨てて、処理を簡素化して何とか方向性が見つかったのが日付の変わる頃。

映像表現としては多少の劣化はあるものの、ゲームとしてはこれが正解でしょ! って形。

いや、ゲームではよくあるんですよね、こういう事。

ゲームはビジュアルの美麗さも大事ですが、それ以上に気持ち良く遊べる事が第一優先事項なワケで…

 

某案件に関しては、もう少し時間がかかるかなと。

先方の考え方もよくわかるし、私の意向も充分理解いただいてるワケですが、如何せん、大軌道修正なワケで。

果たすべき責任と方々への配慮から、段階を踏んで確認しながら動きたいという意向も充分に理解できる話でもあって…

熱心で成果も上げてる方からの話なので前向きに…と私への配慮も欠かさず非常に丁寧で誠意溢れる対応でもありまして…

時期を待つしか………でも、私にはそんなに膨大な時間が残されてるワケでもないワケでしてね………

 

と、そんなこんなもあって、すっかりこのページの更新は遥か忘却の彼方…だったワケなんですよ。

先日誕生日を迎え、61歳にもなってしまった私ですが、元気な内に、やれる事は全てやり切ってこの世界を後にしたい…

いつもこんな事ばかり言ってますが、それを軸に今を生き抜いてる私です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(先日、向かいの家が解体され見慣れた景色が一変…こうして時代って変わってくんだな…とシミジミな今日この頃)。

若者たちのためにできる事

2022 / 6 / 1(水)

今日は某校担当日。

今日は何だか学生と個別でサシで話す事が多かった日。

提出物の個別レビューだったワケで、可能性の塊のような若者たちとのソレは刺激的な多幸感に満ちて夢中でしゃべり倒してるワケですが、ひとしきり終わった後にいつも思うんですよね、正しい事言えたのかな、そして歳老いた私が彼らにできる事って何だろうって。

 

2年生のソレが終わった後に1年生の授業に戻ったワケですが(たまたま今日はほぼ掛け持ち状態)、1年生の彼らはまだ学科を決定するための週替わりの全学科授業体験期間。

その授業終了後、何故だか1人の学生がずっと残ってたので、何となく話す事になったワケですが、どうやら進路を決めかねてる様子。

自分の学科に来た学生ならそりゃ親身に話しますが、まだどこの学科に行くかも分からないワケで、そりゃ慎重に話しましたよ。

 

どうやら彼は私と同じ厄介? な生粋のクリエイター体質。

こういう子は作品や制作物で自分を表現する事が生きてる実感と幸せを感じられる唯一で全ての事であって、それ以外の事からは何の喜びも感じる事が出来ない厄介な体質。

とりとめもなく延々と話してて、最後に「君は若いんだから、頑張れよ、俺はもういつまで生きてるか分からないけど」って言うと「そんな事言わないでくださいよ!」って語気強く言い放って。

 

不必要に自分の老衰死話を切り出す私も大概ですが、こういう反応する学生は初めて(大概は苦笑い程度で聞き流し)。

にしても彼は何故私と話そうと思ったんだろう…どう考えても彼が目指してる方向ではない学科の、しかも非常勤講師と。

何か共鳴するものがあったのかな。

そして私はその雑談の中で、意味のある事話せたのかな。

たまに訪れる、生きてる喜びと、ささやかな幸せを感じる若者たちとのひとときを噛み締める、夏まだ遠き宵の事。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(今週末は、ノム君と新作ゲームオンラインミーティング予定…考えたら、教え子の彼とも何とも不思議な関係…)。

それはもしかして老害の兆しなのか?

2022 / 5 / 25(水)

皆さん、言ってしまって後悔する事ってありませんか?

ありますよね。

今の私の状態がまさにソレ。

 

ある将来的な打診だったんですが、向こうさん、結構親身に聞いてくれて。

結局結論は出なかったんですが(もちろん早急な結論なんて望んじゃいない)、ちょっとねぇ、後悔してて。

こういう話は、向こうさんからあって初めて対応するのが筋じゃ?

こっちから先んじて言う事なんかじゃなくて。

 

でも、言わずにいられたのか? と言うと答えはNo。

タイミングの問題なだけで、絶体いつか言ってた事柄なのは確かな事なのであって…

 

最近ね、年齢のせいでしょうけど、いつまで健康で元気でいられるか分からないので、何だかね、気が急くんですよ。

デキる内にデキる事はやっておかないとって。

悩ましい遣り残し人生への回避策と捉えれば正しいような気もするワケですけど、単に気が短くなって、堪え性が無くなってるだけの様な…

こういうのって老害の入口では?

とか何とか、何だか最近、老害って言葉が増々全く笑えなくなって来た今日この頃の事。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(新作ゲームもジワジワと進行…にしても完成と老害はどちらが先に我が身に訪れるのか? …とか言ってみる…)。

道は果てしなく…

2022 / 5 / 18(水)

さて、新作ゲーム。

それこそ寸暇を惜しんで鋭意制作中なワケですが、完成までの道のりを思うと、果てしないなぁ…と。

今はせっせとステージマップを作り込んでるワケですけど、あぁアレも要るなぁ…コレも要るよなぁ…で。

 

完成までにはサウンドも入れないとだし、まだまだ先は遠く、まだまだ果てしない道のり…

ゲームって、何でこんなに大変なんでしょう…作る事が。

 

世の中、優れたゲームなんて山の様にあるワケで、こんなのよう作るよなぁって思うモノが多くて。

どれだけの労力と思いと熱量をかけたのよ、アナタ達、俺には無理だわ…ってね、思うワケですよ。

 

ホントにゲームって何なんでしょうね。

ゲームを作る事への思いは、その濃淡を繰り返しながらも結局の所、還暦を迎えた今も一切色褪せない私。

ホント、成人(老成?)した人類として致命的な何かが欠落した単なるバカなのかも(笑)。

とか何とか、もう完全に話の落し所を見失ってる私………う~む…どうしたものか………さ、頑張ってゲーム作ろ。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(今日も某校でゲームをアツく語って来た私…学生からはどんな風に見えてんだろ…変わり者なんだろうな、きっと)。

よくある私の空回り

2022 / 5 / 11(水)

いや、世の中、うまく行かないもんですね。

ゲーム開発以外にも色々と業務をこなしてるワケですけど、ある案件がどうにも自分の思い通りに運ばない。

関係者全員、一切のズレも無く一致合意してるワケですが、何だかよく分からない事に固執してる方がいらっしゃいまして…

 

さすがの私も疲れ果て、私が関わらない事で平穏無事に済むのなら、もうこの案件から手を引くべきか…

でもなぁ…既に私の気持ちも完全に入ってまして、それはまさに断腸の思い…

う~む…よくある私の空回り現象だわ、これ。

 

いや、私ね、自分の事、熱血漢だなんて思った事一度も無いワケですけど、一旦気持ちが入ってしまうと、周囲が求めている以上にガリガリやってしまう事が多く「そんなに頑張らなくても…」って感じの、周囲との温度差を感じる事がよくあって…

あ、また入り込み過ぎて空回りしてるわ…って。

 

そういう自分の事よく分かってるから、気持ちを入れる事に関して慎重でして。

この案件って気持ち入れて大丈夫か? 相手はそれに応えてくれるのか? 応えてくれなかった時に私は笑顔で引き下がれるのか? とか。

いやこれ、私が特別なんじゃなくて、いわゆるクリエイターあるあるだろうな…

 

物であれ何であれ、クリエイトするって事は大変な事だし、そこには色んな思いが詰まっていて、いい加減な事はできないし、いい加減な事はクリエイトではなく単なる処理でしかないって事で…

 

………ん? 何だか論点がズレてる………ってか、これは一体何の激白(汗)?

よ・よ・要は、世の中、理解できない事って多いよね、腹立つ事って多いよね、ってお話でした!!

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(新作ゲームもそろそろ中盤…最終的にどういう形になるか分からないけど…皆さん、気に入ってくれるかな…)。

「なんか変」と言われる人々の考察

2022 / 5 / 4(水)

好天に恵まれた連休真っ只中のここ石川ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。

息子も関西勤務だし、もちろん可愛い孫もいないワケで、いるのは恐ろしく鮮度の落ちた嫁が約1名だけの私は、今日も行きつけのネットカフェでポチポチポチポチ…

 

さて、そんな中ですが、ふと「なんか変」って言われる方々の事思い出しまして…

ここ石川のソフトウェアとかデザインとかの業界って恐ろしく狭いワケで、色んな会社さんの評判とか耳にするワケなんですけど、そんな中にそういう曖昧な「なんか変」って表現で評される方々がいらっしゃいまして。

往々にしてそういう方々の評判って著しく芳しくないワケですが、内容を詳しく聞いても、結局、「なんか変」ってバッサリ。

 

その中には面識がある方もそうでない方もいらっしゃるんですが、色々と分析してみるに

・何を考えているのかホンネが分からない

・結局自分の利益しか考えてない印象を受ける

・プライドが高く不必要な威圧感を感じる(不必要に低姿勢にこちらを褒めるパターンもあり)

…かなと。

色々と仕事してく中で「この人と関わったらエラい目に遭う」って自己防衛本能が働き「なんか変」って表現になるんだろうなと。

 

でも確かに、実際にそういう方に会ったり思い起こしたりしてみるに、その「なんか変」って表現がピッタリ来るって申しますか…

でも意外とこういう方って、ある程度の地位に就いてたりもしてらっしゃいまして…

こういう人だからそういう地位に上り詰めたのか、上り詰めたからそういう人になってしまったのか…

…とかなんとか、いずれにしても「なんか変」ではなく「なんか面白い」人でありたいなと思う近頃の私であります。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(連休中もゲーム制作に某校の授業準備…色々とうまく行かない事も多々あるけど、今は割と充実してるのかも…)。

老化を感じるひと時

2022 / 4 / 27(水)

しかし何ですね、人って変わってくものですね。

ある若い経営者が、何だかこう…妙に威圧的になってくのを見るにつけ「そんな生き方して楽しいの?」とは思いますが、社会で生き抜くには必要な事なのかもね…とも。

でも、気付いたら誰もいなくなってた…ってならないようにね…ってね。

 

さて、そんな事より、つい先日、2本の奥歯が相次いで破損しまして。

いや、差し歯が取れたのと、詰め物が取れたって事なんですけど、どちらも歯が折れてたとの事でした。

そりゃ、驚きましたよ、数日の間をおいて2本ですから。

 

歯科医に「折れてるって、もう歯がダメになって来てるって事なんですか?」と聞くと「(年齢的に)咀嚼回数もかなり多いので、どうしても脆くなってきます」って、要は一般的な老化現象と知り、ホッとしつつも最近は歯医者通いの日々。

この事とは関係なく、最近は、固いものとかは歯茎に刺さったり、何かこんな感じで歯に負担が大きい感を体感する事が多く、なるべく避けてますけどね(トホホ)。

 

加えて、鶏のから揚げなんて油っこいものなんかも晩飯に出ようものなら「俺、もうこんなもの、1個で良いから!!」って。

何度も言ってるのに、嫁はまだ若い(と言っても50代半ば)ので、うっかり出すんですよね。

いや、気持ち悪くなるんですよ、この手のもの、少量摂取にしとかないと…

老いてくってこういう事なんだなって日に日に思い知る…そんなひと時の不規則な連続次元を生きてます(笑)。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(最近は、色々とやる事があって、ゲーム開発の方は低速進行…う~む…気を引き締めて頑張らねば)。

新たな若者達との出会い

2022 / 4 / 20(水)

4月からは某美術校の授業が始まってるワケですが、私と違って、未知なる未来も計り知れない可能性も全てこれからの若者達とのひと時は至福の時間…というより、自分自身がこの世界に確かに存在して、何かに寄与してる事が確認できる満ち足りた瞬間の連続体。

今日は1年生の授業…詳細は省きますが、ここの学校、1年生の冒頭は全学科を体験する期間で、週替わりで新しい学生との授業…で、授業後にある学生から「独学でUnityでゲーム作ってました」って言われて、椅子から転げ落ちる程驚いた。

 

いや、ゲームを目指してる子なら普通の事なんですが、ここ、美術学校なワケで。

プログラムの勉強なんかした事もないワケで、教えてくれる先生もいなかったワケで、一体どんな熱量やねん!! って。

自分の若かりし頃思い出しても、ゲームが好きで好きで夢中だったものの、作ろうなんて思いもしなかったし、作れるとも思わなかったし、大体、そんな根性も無かったし、誰かが教えてくれるならって程度だったワケで。

 

こんな学生がいるなら、当面、楽しく過ごせそうだな…って噛み締めておりました。

オマエはこんな熱量を放つ学生をちゃんと指導できるのか? って一抹の不安はありますけど。

いやいや、そんなもの、そういう不安も一切ぶちまけて学生と共有して楽しんだら良い…そんな事を思う一日でありました。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(ホントにゲームって何なんでしょうね…娯楽の一種? …いやいや、それを超えた得体の知れない特別な何か…)。

サクラの季節

2022 / 4 / 13(水)

遂にサクラも満開。

にしても、サクラって何であんなに人の気持ちをほっこりさせるんですかね。

この先、何が起こっても耐えられそうな気が…というより、この先良い事しか起こらないような幻覚を呼び覚ます媚薬のような…

これだったら、桜、1年中咲いてれば良いのに。

束の間だからそんな気持ちになるのか、そんな気持ちにさせるから束の間なのか(意味不明)…

 

さて、そんな春爛漫な中、ようやく始まった某業務。

そして、未だに始まらない某業務。

極めつけは、未来を夢見てたある者の旅立ちと別れの始まりの予感。

そんな期待と不安と言いようのない焦りが交錯し、不穏に揺れ動く私に、「大丈夫、なんとかなるから」と温かく包み込むサクラ吹雪…

状況がどうであれ、やっぱり春って良いよなぁ…そんな事を思う今日この頃です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(にしてもゲーム開発…進んだり進まなかったり…まさに、スランプとクリエイティブの狭間で蠢く私…)。

春のお告げ?

2022 / 4 / 6(水)

近頃はすっかり春めいて、やっぱり春って良いなって思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

あまり詳しくは書けないのですが、近頃、私は、色んな事に気を揉んでまして…

もう、何だか、色んな事に期待するのも気にかける事にも疲れて参りまして…

無気力…とかいうワケでもないんですが、今のままで良いじゃん…もう、そんなに多くの事やる気力も体力も無いんだし…と。

 

さて、そんなグチ? は置いといて、ゲーム開発。

日々巻き起こる様々な問題を乗り越え、ガリガリ進んでます。

完成までは、まだまだ幾つもの山を乗り越えないといけないワケですが、少しずつカタチになって行く様は、何度経験しても感無量。

他の事柄が思った通りに行かないのは「今はゲームを作りなさい」って神のお告げ…そう思い込む事にしてる近頃の私です(笑)。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(今日は遂に? 3回目コロナワクチン接種、前回と比べたら空いてますねぇ…昨日予約にて本日接種…ちょっと驚き)。

私を取り巻く様々な事柄

2022 / 3 / 30(水)

つい先日「ペイントアウト!」更新しました!

記録を見るに、実に1年半ぶり。

このゲーム、最短手数クリアの「ミニマムペイント」というものがあって、新たに発見された解法ルートに更新です。

作っておきながらアレですが、この解法ルートは、完全に私の思考回路を超越してまして…こんな未知数のゲーム、私の開発史上初めての事でもあって…もう少し多くの方にダウンロードいただきプレイしてもらえたらなぁ…とか思ってみたりしております。

あるタイミングで、まとまった金額掛けて、広告展開仕掛けてみようかしら…とか。

 

それはさておき、最近、私を取り巻く様々な事柄が何だか慌ただしくなって来てまして…

もちろん、良い事ばかりではないんですが、まさに日々一喜一憂の様相。

まぁ~~~、それはそれで楽しいですわ。

全ての事柄の結論が出る頃、私はどこにいて、どんな面持ちでいるんでしょうかね。

 

にしても、仕事関係は殆どが20~30代。

そんな若い世代と繋がるのは、ふと、同じ目線で未来を語れない寂しさを感じたりもしますが、プライベート話は完全に親目線。

そんな彼らとのアレコレは、また格別なものがあるワケで…

人の幸せって、他者とどれだけ豊かな繋がりを築けるかでしかないよな………などと身に染みて思う今日この頃であります。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(TVでは、コロナ第7波か? のニュース…え?! 3回目ワクチン、そろそろ受けんとなぁ…)。

人それぞれの春

2022 / 3 / 23(水)

今日は何だか色んな事がありました。

すっと気になってた事があって、その周辺の方にSNSで聞いてみたら、色んな事が私抜きで動いてて。

えぇ~もう動いてんの? 私は不要って事? そっか~…って打ちのめされて、改めてその件に期待してた自分に気付いて。

もうここまで来たら、どうにもならないんだろうけど、事の成り行きを担当に直接連絡して確認すると、まだ決まってないとの事。

 

でぇ~~~…この時期に来てまだその状態?!

一体どうすんだよ~~~!!!!! って事なんですが、状況は混迷を極めてるご様子。

 

って事で、待つしかないワケなんですが、その際にそれぞれの事情を聞かされて…

何だかね…人生はそれぞれに進んでてて、それぞれの春を迎えようとしてる…そんな思いで聞いておりました。

 

サクラが咲く頃、私はその舞い踊る花びらをどんな思いで見てるんでしょう?

全てに見放されてタメ息交じりに見てるんでしょうか?

それならそれで、そんな春もたまには良いかも…って、思ってみる私です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(今、ゲームが開発出来てる事自体が奇跡みたいなもんだから、それ以外の事がうまく行ったらバチ当たるかもね…)。

果たしてそれは、吉と出るのか凶と出るのか

2022 / 3 / 16(水)

先週の「サイは投げられた」案件に伴い、今週は色々とミーティング。

いやもう、全てぶっちゃけました(笑)。

色んな理不尽なシガラミの中で言えなかった、不満に、憤りに、やるせ無さに、今後に向けての提案など諸々。

もちろん、私としても考えさせられる事も多々あったワケですが、面白かったですよ、色々と。

 

先方の方も色々とぶっちゃけてくれてですね、もっと早くこういう話すれば良かったと思いましたよ。

お互いの信頼関係って、こういうホンネでのぶっちゃけ話から始まるんだなってね。

 

とは言え、この話はそんな単純では無くて、これが吉と出るか凶と出るか全く分からないワケなんですけどね…後悔は一切無いなと。

やっぱりね、自分が納得した生き方をしたいって、収入が安定してた会社を辞め、そしてもう還暦なワケで、信用できないヤツとの仕事などはもってのほか、関わり合いを持つ時間すら1秒も残されて無いんですよ、私の人生には、いやホントに。

もう、信頼できるメンバーとだけ関りを持って、志を共に、価値ある良い仕事だけを遺してこの世界を去りたい。

たとえそれが、取るに足らないささやかなものだったとしても。

それが偽らざる私の切なる思いなのですから…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(新作ゲームも快調に進行中…それもこれも、年齢を超えたメンバーとの奇跡的な出会いがあったからこそ…感謝)。

サイは投げられた

2022 / 3 / 9(水)

新作ゲーム関係ではないんですが、春に向けて新たに動き始めました。

とかってね、そんな大したことではないんですが、これまで方々に色々と気を使ってやって来なかった事で、もう待ってても仕方がないし、こっちから動き出すわって感じです。

まさに「サイは投げられた」みたいな。

 

いや、今の時代、シガラミとかで向上心のカケラもないルーチンワークじゃなくて、実力で勝負すべきだと思うんですよ。

サイは投げたものの、私の実力が認められなければ一巻の終わり…なんですが、そろそろここで私も勝負に出ようかなと。

実力も無いのに、シガラミだけで生きてたって仕方ないですよ。

 

とか何とか、勇ましい事申しておりますが、ホントそんな大それた事なんかでは無くて、もう何年こういう事できるか分かんないんだし、もう俺は誰の指図も受けずやりたいようにやるよって……………え?! あぁ、先週の新作の壁の話?

あ、崩れてはいないけど、少しずつ登り始めてます。

こちらもどうなります事やら。

数々の未確定事項に胸躍らせる? 春間近の宵です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(最近、貫禄付いたね~って言われる事多くて…これ、人としてのソレなら良いんですけど…単に頭髪の気が…)。

ゲーム開発あるある

2022 / 3 / 2(水)

遂に3月、弥生入り。

春の足音がほらそこにかしこに…なんですが、ゲーム開発、やはり訪れました、第1の壁。

 

いつものようにステージ制作に励んでおったのですが、作ったものを見て、え!? って。

なにこれ、ダメじゃんこれじゃ。

ツマンない上に、見た目にも著しく美観を損ねる。

しばし眺めて、あ、ここをこうしてこうすればカタカタカタ(注:データ入力音)………ぐぉ~更にダメ度アップ。

視点を変えて………ガリガリガリ(注:ノートに書き殴る音)…う~む…これじゃ、他のステージと全く変わり映えしないやん。

え? ええ? えぇ~~~っっっ…何にもヒラメかねぇ~~~!!!

という事で、昨日までの順調さがウソのように現れたのですよ、第1の壁が。

 

いやいや、こんなもんですよゲーム開発って。

こういう壁って、ある時ガラガラと崩れ去って、怒涛の様に進んでまた壁にブチ当たる。

でもその乗り越えた壁の数だけゲームがレベルアップして行く…みたいな。

 

これまでゲームを作って来て、一番学んだのは、乗り越えられない壁は無いって事ですかね。

壁に問題があるんじゃなくて、乗り越えられないと錯覚してしまう自分に問題がある…と申しますか…

なので、来週には乗り越えてますよ…きっと…多分…恐らく…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(ゲームとは別の件だけど、未確定事項が幾つか…明日辺り連絡入れてみるかな…と言う苛立ち(©だいたひかる))。

楽しき哉、ゲーム開発

2022 / 2 / 23(水)

相変わらず雪模様の石川、先日、コロナワクチン3回目の案内が届いておりました。

何かね、コロナ、もう時代遅れだしもう今更どうでも良いよ…なんて不謹慎な事思ってしまうのは私だけでしょうか…

いや、ちゃんと受けに行きますけどね、えぇ…

 

そんな事より、新作。

やっぱりね、楽しくて楽しくて仕方ないんですよ。

自分の頭の中だけにあったものがこうして形になって行く様は、何度経験しても多幸感溢れる至福のひととき…いやもうシビれます。

 

へ?! …あ、まだまだ3合目辺り。

例によって、売れる事を狙った時代性なんて全くないですけど、我が道を行く? ロケットリョコウらしいゲームになるかなと。

10人の内、3人が気に入ってくれたら万々歳…のゲーム。

見た事も無い斬新なゲームじゃないけど、ちょっとしたヒネリが新しい…みたいな。

只今、ステージ鋭意制作真っ最中です。

 

にしても、ゲームに限らず、開発なんて人生そのもの。

いつまた絶望的な壁にブチあたるやら………何とか夏にはリリース出来たら良いな…って感じです。

皆様、適度に(ここ大事)期待してお待ちくださいませ。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(明晩は別件のオンラインミーティング…実はその方面、いい加減我慢の限界、決別の時かも…みたいな感じです)。

冥途の土産

2022 / 2 / 16(水)

今日の石川は、雪が降ったり止んだり、晴れたり曇ったりの、まさに世界情勢を絵に描いたような不安定な天気。

昼過ぎは、いかにも「積もる雪」が舞っていたものの、今は完全に小康状態。

冬なんだし、雪が降るのは良いけど、雪掻きしなきゃいけないのは勘弁してよね…ってのが正直な所。

 

それはさておき、新作。

昨日もN君と深夜10:00からオンラインミーティング。

しばらくゲームから遠のいてたからか、もう楽しくて楽しくて。

毎日のように、脳内に生温かい快楽物質が溢れまくりです。

 

N君は、息子より若い20代前半。

某校の卒業生…いわゆる教え子になるワケですが、こうして一緒にゲーム作ってる現実って何なんだろうなって。

私にとっては、映画の様な出来事なワケで、こんな事が私に起こるなんて思ってもいなかった事なワケで。

 

全ての学生とこういう関係性を築けるワケではないワケで。

思い出してみれば、彼は最初から何か違ってたなと。

ゲームに対しての本気度とか、それを実現させるだけのクレバーさとか、何かね、話してると歳の差なんて全く感じなくて、楽しくて楽しくて、ゲーム制作授業時、他の学生からの質問も一切なかったので、授業中ずっと夢中で話してた事、思い出しますよ。

 

新作の完成はまだまだ先の事だけれども、今こうして一緒に開発できてるって事だけで、もう掛け替えの無い冥途の土産かなって。

人生は死の床に就くまで何が起こるか分からない。

できれば、楽しくて心温まる幸せな出来事だけを経てこの世界を去りたい…そんな事を切に願う、春まだ遠き粉雪の昼下がり。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(人生って出会いだなって…オノさんにN君…そして今の自分がある…私は彼らに何を返せるだろう…ふと思う)。

登り始めた新作への階段

2022 / 2 / 9(水)

コロナ報道の数々にも何も感じなくなった(私だけ?)今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょう。

私の方は、ようやく、ガッツリ新作制作中です。

いや、プログラムの方は先行して制作してもらってたのですが、私の方の調整がつかなくて今になってしまった…という所です。

 

やっぱりね…ゲーム制作って面白いよなぁって。

開発ツール Unity に向かってパラメータ類調整したり、画像追加したりなんですが、それが想定以上に良い形になって来ると、もうね、堪らないワケですよ。

快楽の脳汁が怒涛の様に溢れ出る感覚とでも申しましょうか…

 

とは言え、完成までにはまだまだかかります。

ようやく、階段を登り始めた所ですから。

でも、既に「反応が楽しみで仕方ない」オーラが出まくってますから、皆様、首を長くしていただいて、適度(笑)にご期待くださいませ。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(実は最近、個人的に心配な事が幾つかあって…最近、些細な事が心配になる…歳のせいやろか…不安…)。

起動した Unity の顛末

2022 / 2 / 2(水)

よくよく見てみたら、今日は 2022/2/2 のゾロ目日。

凄くないですかこれって!!

…ってね、冷静に考えれば 2022/2/22 の方がゾロ目ってるワケなので、騒ぐ事でもねぇでゲスが…

 

という事で、Unity 2021 無事起動しました。

度重なるバージョンアップ版を試すも起動せず、これまでの Unity 社からのバグレポート返信から、インストールされてるフォントに問題があるみたいな話で、そんな他人のせいにせんとさ、ちゃんと直してよって感じだったのですが…

 

で、さすがに Unity さんも直す気あるのかどうかも分からないので、フォント絡みから推察して、年末にインストールした年賀状ソフトが怪しいと睨んでた私は、ダメ元でそのソフトをアンインストールする事を決意。

そしたら、ビンゴ!! だったワケです。

 

年賀状ソフトってね、年の瀬だけに稼働するピンポイントの季節労働者で、必要な時に再インストールすれば良いだけなんですけどね、結構ね、年末ってアレコレあるので、それすら面倒なんですよね…だから、できればアンインストールしたくないのがホンネ。

でもね、今、私が必要なのは君では無くて Unity 君なんだよって事で。

 

でもね…こういうのってどうなんでしょ。

該当の年賀状ソフトはマイナーなものではなくて、充分メジャーな某有料ソフト。

どう考えても Unity 君が悪いとしか思えないんだけど…

Unity さんって、何となく英語圏だけの対応しか考えてない気がするんですけど…

以前も、プロジェクトのパスに日本語入ってたら正常動作しないバグもあったし…

たまにね、Unity に限らず、デジタル関連で日本人に生まれた不幸感じる事ありますよね…自分だけやろか…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(明日は新作ゲームの打ち合わせ…老体にムチ打って頑張らねば…情熱があれば何とでも…そう言い聞かせる自分)。

起動しない Unity の憂鬱

2022 / 1 / 26(水)

遂に石川もまん防実施。

東京の感染者が連日1万を超えてさすがに「え?!」ってなってますが、海外の状況を聞くと何だかそれも麻痺して来て…

冷静に考えたら、あれだけ神経質になってた夏の感染者数の倍以上ですからね。

 

当時某日、余りに暑くて金沢の某交差点で周りの人と距離を持ってマスクを外して待ってたんですが、あるおばさんが何か言いながら私に近付いて来て、道聞かれてんのかな? って思って耳を傾けると「なんでマスクしないの! 今とんでもない事なってるんですよ!!」ってガッツリ叱られて「すいません、すいません」ってマスク付け直しながらスゴスゴとしたその場を離れた事思い出しますよ。

 

今回は重症化率が低いらしい事も手伝って緊迫感も希薄に感じてもいますが、正直、もうコロナ気にする事にも疲れて来たと申しますか…

でも、医療崩壊の報道を観るにつけそんな事言ってる場合じゃないんですが…

 

そんな状況下ですが、一番の問題は、未だに起動しない Unity 最新バージョン。

某校の授業は旧バージョンで乗り切ったんですが、制作中のゲームはそういうワケにも行かないワケで。

もうひと月近く動くに動けない状態。

もちろんバグレポートは Unity さんに送ってまして、近々対応するって事らしいんですが…

こういう時、待った無しの企業さんとかってどうしてるんでしょう?

 

某校も春休み突入で、何だかポッカリ穴が開いてしまった私。

周期的に訪れる階段の踊り場状態。

情熱と情熱の狭間にふと訪れる真空状態。

う~む……どうしたものか…こういう時期の過ごし方で決まって来るんだよね、人生の優劣…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(こうなったら確定申告でもまとめ始めようかな…いつもギリギリだから今の内に…とかって思ってみる)。

リモート、再び

2022 / 1 / 19(水)

オミクロンが猛威をふるう中、皆様はどうお過ごしでしょう?

連日TVで増えて行く感染者数を報じてますが、何だかさして驚きもしなくなったのは私だけでしょうか。

過去最高記録を更新とか言われても、今の数字がそうなのかどうかもわからなくなってる私です。

 

そんな中、当然の様に某校もリモート授業再開となりました。

ここに来てまたか…って言うのもありましたが、状況を考えれば致し方ない所。

ケガの功名というか何と言うか、リモートツールにも慣れて来て、これはこれで悪い事ばかりじゃないかも…と。

 

今、私はゲーム開発ツール「Unity」を教えてるワケですが、画面共有で労せずに学生のPC画面見れるのは何とも利点。

対面の時は、老眼のせいもあって、学生のPC画面なんてメガネ外して10cmほどの距離にまで詰めないと文字認識出来ないワケで。

割とPCツール関係の指導はこの方が良いのかも? ってすら思ったりもして。

 

でも、資料を画面共有して、全員に何らかの説明してる時はさすがに何だか切なくて。

学生の表情も見れないし、基本、学生はマイクオフにしてるワケで反応も何も分かりゃしない。

何かね、壁に向かってしゃべってる感じなんですよね。

たまらず不安になって、無理やり誰か指名して、分かりましたか? って聞いたりしてますけどね…

そんなもの、指名された学生にしたら堪ったもんじゃないですよ…速攻マイクオンにしてちゃんと返答してくれますけどね、えぇ。

 

それはそれとして、最近の大きい問題は「Unity」の不具合。

私のPCでは最新版が起動直後にクラッシュで、某学生はスクリプトを開くとフリーズするとの事。

私は昨年のバージョンで何とかやってますが、それもそろそろ限界かなと。

ここに来て、何か取り除かなくてはならない障害物がガラガラと崩れ落ちる中、天を仰いで祈る…そんな近頃の私です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(それに加えて、今月やらなくてはいけない面倒な処理が幾つかあって、ちょっとグッタリな私です)。

色々な始まりの予感

2022 / 1 / 12(水)

1月も早くも中盤に差し掛かろうかと言う所。

天気予報では、爆弾低気圧がやってくるのだとか。

今日の石川は小雪がチラつく程度なのだけれど、今日日の天気は突然激変するから戦々恐々の気分。

 

某校も始まりました。

そして、年末年始から作ってた授業用のサンプルゲーム、ようやく完成しました。

間違ってもリリースなんか出来ない代物ですけど、学生向けのサンプルとしては十分かなと。

ゲームを作るって事の面白さや可能性とか身近さとか意味とか………が、少しでも彼らに伝わればと思っています。

 

でもこれで、予定してたものは一通り終わったので、いよいよ今年の事、始めようかなと。

まずは新作ゲーム。

ずっと滞ってたので、ここらで一気に進めたいなと。

これから色々始まって行くし、もちろん始めたいし、既に始まってもいるワケですが、本当にナゼだか分からないのですが、自分の人生が何かに向けてゴゴゴッとゆっくり動き出そうとしてるかのような、不思議な始まりの最中にいるような…そんな今日この頃です。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(今月末頃、授業にてサンプルゲームを学生たちにお披露目予定…どんな反応やろか…ちょっと緊張してたりも…)。

本年もよろしくお願いいたします

2022 / 1 / 5(水)

新年も早5日目。

世間では恐らく既に仕事始め。

年末、コロナの影響で数年ぶりに帰省した息子も、先日早々に勤務地の関西へ帰って行きました。

 

彼は今、ある特殊な状況下にあって、親としては心配ばかりしてますが、本人は全く気に留めてもいないようで安心するやら呆れるやら。

会社のグチも悪口もよくあるいわゆる若い社会人のソレで、こうして人は世間に揉まれて大人になってくんだなって。

某校の学生を見てても思いますが、若さとは、色んな事柄を受け入れて前に突き進んで行く力強さだなって。

 

ここ数年、嫁と2人だけの暮らしだったので、彼が帰省してた数日間は何だか落ち着かなかったものの、彼がいなくなった喪失感はもう尋常じゃなくて………こんな寂しい思いをするくらいなら、もう帰って来なくていい…とすら思う始末(苦笑)。

いや、もう、既に何の変哲もないいつもの嫁と2人の静かな生活に戻ってますけどね…えぇ…

 

そんな折ですが、年末年始は寝ても覚めてもゲーム作ってました。

いや、新作ではなく、某校授業向けのサンプルゲーム。

某校では、市販の教科書を使ってUnity(ゲーム開発用のツールみたいなもの)授業やってるんですが、それの教材に簡単なサンプルゲームがありましてですね、それにちょっとした手を加えるとこんなに面白くなるんだよ…って事を教えたくてなんですよ。

やってたらどんどん面白くなって来て、未だにその真っ最中。

 

あ、で、今年の年賀状、こんなです。

年賀状ってね、いつも短時間での自分のクリエイティビティを試されてる気がして、毎年悩むんですよね。

当初はもっとシンプルな、年号のチェックボックスにチェックで「2022チェックイン!!」とか考えてたんですが、気付いたらこんな形に。

あ、干支のシルエットは「Vector Club」さんから拝借しました(こんなの私にゃ描けません、ありがとうございます!!)。

 

 

…というワケで

本年もよろしくお願いいたします(今年のおみくじ「吉」でした…何だか好きだなぁ「吉」って…シンプルで潔い感じが共感ヒシヒシ…)。