ゲームを作り続ける、その理由。 New!

2018 / 1 / 17(水)

春からの新作開発再開。

この機会に、私はなぜゲーム開発を続けるのか…その理由をふと考えてみる。

…なんて、その答えはこの「ロケットリョコウ」を立ち上げた時にハッキリしている事だったりする。

 

それは、それが、私がこの世に存在している理由そのものだと思うからだ。

私がこの世界に存在する以上、自分がこの世に存在した証を残したい。

それは、私にしか産み出せない何らかの価値を産み出す事。

私がいなかったら、存在しなかった何らかの価値を残す事。

そしてそれは、私にとっては「ゲーム」という形であるのだというだけの事なのだ。

 

だから、それは他の誰かが作るようなものではダメだし、全く意味がない事。

自分らしさとか自分イズムとか、とにかく徹底的に他とは違う何かを追求し創造する。

だからヒット作からは縁遠いのかもしれないけれど、そうでなければ全く無意味な事なのだ…私にとって。

…なんて、恐らく、ひと歳回ってもなお開発し続けるゲームクリエイターは、きっと誰しもがそうなのだろうな…と思う。

 

そして、ゲーム開発は、単に好きだからという理由で続けるには、あまりにもヘヴィーだ。

もし金を儲けたいなら、こんなに非効率で雲を掴むような話は、絶対他人には薦めない。

実際、ゲームを作ること自体が辛いだけの地獄の様な事もあったし、他の道を目指そうとした事など数限りない。

けれど、気が付けば、いつもここに帰って来る自分がいた。

能力のあるなしは別として、きっと私の住居はここにあるのだろう…そう思う。

 

にしても、本当に作りたいものだけを作る…開発者としてこれほど幸せで贅沢な事があるだろうか。

長い開発生活の終着地として、これ以上何を望むのだろうか。

様々な出会いと数奇な巡り合わせに、しみじみと感謝する今日この頃の私だったりする…

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(来週からまた寒波がやってくるらしい…う~む…どうなる事やら…)。

動き出すか、運命の歯車!?

2018 / 1 / 10(水)

実は先日、県内某コーヒーショップチェーン店において、新年初、新作ミーティング。

勘のよろしい皆さんは、薄々お察しになられてたかたと存じますが、正直な所、諸般の事情から停滞状態にあった新作。

今後どうすんの? ってミーティングにございました。

 

私としては、いろんな覚悟の上に臨んだミーティングでございましたが、結果的には………春、本格再始動決定!!

もう私としては、ゲームが作れれば(あ…あと適度な収入)それ以上望む事は何もないワケでして、もう完全「行くぜ、2018!!」状態!!

いや、もう詳細は省きますが、春から劇的再開です、新作!!

もう完全に、狂喜乱舞状態でございますぅぅぅっっっ!!!

 

…は、置いといて…実は今、(さすがにあまり多くは書けないのですが)当ロケットリョコウは大きな転換期を迎えておりまして…

正直、このままフッと消え去っても全然おかしくない暗黒のフチ状態…油断すると、全てを飲み込んで無に帰す巨大なブラックホール周回軌道上にあると申しますか…

 

でも、こういう形で物事って動いて行くんだなぁ…運命ってこうして動いて行くもんなんだなぁ…って。

どうしたら再起動させられるか皆目見当もつかなかった途轍もない巨大な歯車が、ゆっくりと、ギシギシと確かな音を立てながら動き出す感覚とでも申しましょうか……これ、ひょっとしたら、とんでもないドラマの始まりかも…

 

あ…すいません、読者を置き去りにした自己完結型感動激白(得意なんですコレ、私)はここまでとして…春まで何をしようか。

ずっと温めていた、新・新作を具体的に練り直そうか…

それとも、今の内に別件の大仕事を片付けてしまおうか…

意外と、この時期の行動が、動き出した歯車を加速するのか、無残に停止させてしまうのかの分かれ目かもしれない…などと神妙になる私にございます。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(でも夢広がるなぁ…これ、うまく行けば、私の開発人生で何にも縛られない最良の時期を迎える事になるかも…)。

2018年、始動!

2018 / 1 / 3(水)

皆様、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

という事で、遂に、2018年、始動です!

一昨日は、毎年お世話になってる、県南部に位置する「安宅住吉神社」にて初詣。

 

ここ、適度な混み具合と適度な新年感で、毎年お世話になってる神社。

Wikipediaによれば『境内に安宅の関址があり、「安宅」「勧進帳」にも取り上げられた伝承から、難関突破の神として知られる』とありますが、「勧進帳」はともかく、「難関突破の神として知られる」ってマジですか? 県民の何人が知ってるんでしょ、コレ?

 

まぁ、某局の「ケンミンSHOW」で取り上げられたら、県民の常識的に扱われるんでしょうけど…

以前、金沢が取り上げられた時、「ねぇわソレ」って過剰に捏造された県民常識に呆れましたから。

そうして事実って歪められて、そしてそれが常識になってくんでしょうね…って、新年早々、ちょっとした「毒の吐き初め」、完遂。

 

で、恒例? のおみくじですが、何と今年は「大吉」。

当たるも当たらぬもなんとやらですが、ぶっちゃけた話、内心ニヤニヤにございます。

 

でも冷静に考えてみるに、最近、何だか「大吉率」高いなぁ…って。

私の運勢がどうこうではなく、単に、この神社のおみくじ内の「大吉配分率」が単に上がっただけじゃないの? って。

こういう「大吉配分率」って固定ではなく、世情を鑑み、毎年、神社のお偉いさんが決めてるものだったりして?

高度な市場動向分析により、古来の「おみくじ配分関数」みたいなものがあって、それよって導き出された数値によって…みたいな………って、あ、もうやめとこ…バチ当たるわ、こんなナメた事書いてると…

 

でもまぁ、過去の大吉取得年を振り返ってみるに、実際にそうであったかどうかは甚だ微妙だったりして。

そう思えばそうにも思えるし、そう思わなければそうにも思えるし、結局捉え方次第に過ぎないんでしょうけど、同じ一年を過ごすなら「良い事は信じるべし」ですね。

 

なので、今年は凄い事になるかもです(単純過ぎるわアンタ)。

ですので皆様、今年の「ロケットリョコウに」、ぜひご期待くださいませ。

 

…というワケで

諸々悪戦苦闘中です(新年早々、開発に一切触れてない内容…「2018年型 ロケットリョコウ」、早くも不安な幕開けにございます)。